2014年8月21日木曜日

村岡花子の通勤路

大正14年市電路線図
今回は今週から放送されている「花子とアン」において愛宕山のJOAK(NHK東京放送局)で村岡花子が「コドモの新聞」アナウンサーになってゆく姿が描かれていますが、芝区愛宕山までどのような交通手段で通勤していたのだろうという素朴な疑問がわきました。

少し調べてみると、村岡花子の自宅は大田区春日橋(環七・池上通り交差点)付近(現大田区中央三丁目)でしたので、愛宕山のNHK東京放送局へ行くには、下記の方法が考えられます。

★JOAK(NHK東京放送局)がある芝区愛宕山への出勤
  1. 大森駅→(JR)→浜松町駅→(徒歩)→愛宕山NHK東京放送局
  2. 大森駅→(JR)→品川駅→(市電系3統)→神谷町or西久保巴町→(徒歩)→愛宕山NHK東京放送局
  3. 学校裏駅(現平和島駅)→(京浜線:現京浜急行)→北品川駅→(市電系3統)→神谷町or西久保巴町→(徒歩)→愛宕山NHK東京放送局
  4. 大森駅→(JR)→田町→(徒歩)→三田→(市電系37統)御成門or愛宕町→(徒歩)→愛宕山NHK東京放送局
昭和30年代の都電路線図
この中で可能性が高い通勤路は2or3or4となり、やや徒歩距離が長い①は除外しても良いと思われます。
しかし放送は毎週日曜日でしかもアナウンサーは村岡花子と東京中央放送局児童課の職員であった関屋五十二が各週で交代したため花子の通勤は打ち合わせなどを入れてもさほど多い出勤ではなかったと思われます。
私自身が若い頃この春日橋付近に住んだ経験があり、そのとき私自身も通勤には京浜急行平和島駅ではなく、少し距離は遠くなりますがJR大森駅を使用していましたので、花子も同様に②の経路を使用していたのではないかと私見ながら想像しています。
また花子が働いていた出版社「聡文堂」はドラマ上の名称で「日本基督教興文協会」が本当の名称です。そして震災後「教文館」と合併し現在に至ります。ドラマ上では花子と?三が結婚したのは1919(大正8)年ですが、結婚後も花子が教文館での勤務を続けたのならば、やはり大田区春日橋から銀座への出勤となり、下記の通勤路で通勤したものと思われますが、
最短距離で、運賃も安い1がもっともあり得る通勤方法だったと思われます。

  ●教文館オフィシャルサイト
     http://www.kyobunkwan.co.jp/



★日本基督教興文協会(後の教文館)がある銀座への出勤(毎日?)
  1. 大森駅→(JR)→有楽町駅→(徒歩)→日本基督教興文協会(後の教文館) 
  2. 大森駅→(JR)→品川駅→(市電系1統)→銀座四or銀座二→(徒歩)→日本基督教興文協会(後の教文館)


以上、村岡花子の通勤をシミュレーションしてみましたが、この権に関しては私DEEP AZABUの想像と勝手な解釈であることをお断りしておきます。





村岡花子宅周辺









2014年8月15日金曜日

超高速参勤交代の麻布

文化江戸図
この夏に公開された映画「超高速参勤交代」は、八代将軍吉宗の時代に磐城国の小藩湯長谷藩が所持する金山を奪おうと、藩の取りつぶしを図る老中・松平信祝(大河内松平家で知恵伊豆と呼ばれた松平信綱の末裔)の計略により、江戸在勤を終え国元に帰ったばかりの湯長谷藩主内藤政醇に再び江戸参府の命が下り、なんと5日以内に 参勤交代を命じられる。という筋のフィクションです。  
実際の映画では終盤江戸入りをした藩主一行がたどり着いたのが政醇の妹「琴姫」が留守を預かる江戸藩邸でした。残念ながら屋敷の描写はほんのわずかですが、おそらく一行がたどり着いたのは麻布桜田町の上屋敷かと思われます。
また下屋敷であったとしても、その場所は曹渓寺隣りなので同じ麻布内ということになります。
史実ではこの小藩は立藩以来内磐城の地(現在の福島県いわき市常磐下湯長谷町)を拝領したまま、幕末を迎えるまで一度も領地替えがありませんでした。





この藩の立藩当時の様子は以前、「増上寺刃傷事件」でもお伝えしましたが、初代湯長谷藩主の父である磐城平藩7万石の2代藩主内藤忠興が新田分地により
東都麻布之繪圖(上屋敷付近)
新たに生まれた領地を二男の内藤政亮に分地することを願い出て、寛文十年(1670)年2月、忠興が隠居するにあたって幕府から許可が下りて磐城湯長谷藩
一万石が成立します。この時内藤政亮は本家の内藤家に憚って遠山姓を名乗り(第3代藩主・政貞の代になって内藤姓に復帰します)遠山政亮となります。  




この遠山政亮は、延宝八(1680)年芝増上寺で執り行われた四代将軍徳川家綱の法要式典で、内藤和泉守忠勝が永井信濃守尚長を刺殺する。  
という事件が起こった時に、刀を持ったままの内藤和泉守忠勝を後ろから取り押さえました。政亮はこの功績により幕府により二千石を加増され、さらに大阪定番職となり三千石を加増されて湯長谷藩は 一万五千石となります。この取り押さえは後の元禄十四(1701)年3月14日に起こった浅野内匠頭による刃傷事件の際に浅野内匠頭を後ろから取り押さえた 梶川頼照(通称:惣兵衛)とほぼ同じ役割となります。この事件で幕府により五百石の加増を受けた梶川頼照は以前の所領と合わせて 合計千二百石となりました。  
東都麻布之繪圖(下屋敷付近)




積年の恨みとも、上屋敷が隣接していたための争いともいわれるこの増上寺刃傷事件ですが、湯長谷藩にとっては幸運であったのかもしれません。  
この湯長谷藩の江戸における藩邸として上屋敷は桜田町(現在の港区西麻布3丁目辺)に、下屋敷は古川町(現在の南麻布2丁目辺)にあったようですが、立藩以来同じ場所にあったと思われる両屋敷のうち
下屋敷については安政四(1857)年作成された「東都麻布之図」などには記載がなく、同じ場所には別の家名が書かれています。 
しかし、「東都麻布之図」からわずか3年後の万延江戸図「万延元(1860)年」には曹渓寺に隣接するあたりにこの長谷藩下屋敷が描かれています。
また、これらより古い地図にも湯長谷藩の下屋敷が同所に散見されることから何故一時期のみ地図に記載がないのかは謎のままです。  
いづれにせよ映画の中の終着点はおそらく麻布桜田町の上屋敷であると思われ、参勤交代の行列は福島県いわき市から江戸府内麻布桜田町までの行程となりその距離は
萬延江戸図
短期間で二度も行うには労力も費用も頭痛のタネであったことがフィクションながら想像されます。


余談となりますが、この湯長谷藩邸が書き込まれている万延江戸図が描かれた万延元(1860)年は、麻布においても一般的な歴史事項についても興味深い事件などが頻発している年でもあります。


















































現在の麻布中央部












現在の上屋敷付近














現在の下屋敷付近


























1860年(安政7年・万延元年)
西 暦 元 号 月 日
事   象
1860年 安政七年 01/07 米国船ポーハタン号が品川港に入る。
01/19 木村摂津守、勝麟太郎、福沢諭吉などが乗船する咸臨丸がアメリカに向けて浦賀を出港。
01/22 遣米使節新見正興一行が浦賀を出帆(鎖国以来初めて公然の外交使節)
01/29 イギリス公使館通弁「伝吉」刺殺






03/03 桜田門外の変により大老井伊直弼が暗殺される。
万延元年 03/18 安政から万延と改元。
09/28 明治天皇立太子の御儀行われる。
12/05 「米国書記官ヒュースケンが麻布中の橋にて攘夷派浪士に襲われ、夜半過ぎに死亡。-ヒュースケン事件
12/08 ヒュースケンの葬列がプロセイン海兵隊が厳重警備する中、
麻布山善福寺から光林寺まで進み葬儀が執り行われた。
12/16 英仏両公使、ヒュースケン殺害事件に憤慨し公使館を横浜に移転するも
アメリカ公使館ハリスのみは横浜に引き上げず麻布山善福寺にそのまま滞在。

























★関連事項
Blog DEEP AZABU-増上寺刃傷事件

Blog DEEP AZABU-麻布桜田町

超高速参勤交代オフィシャルサイト

Wikipwdia-超高速参勤交代

Wikipwdia-湯長谷藩